ログマニアックス

マーケティングや日々気づいたことなど。資産運用、健康管理なども

小さな報酬でヒトはハマる

Green Hooks

少し以前に話題になった本ですが、紹介されたのでメモ。

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

  • 作者: ニール・イヤール,ライアン・フーバー,Hooked翻訳チーム,金山裕樹,高橋雄介,山田案稜,TNB編集部
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 プロダクト設計を行う際に参考になるのではないでしょうか。

 ニールによると、

ユーザーが気づかぬうちにハマってしまうようなサイクルを生み出すためのロジック

は4つのプロセスから成立するということ。

 

dentsu-ho.com

電通報にまとまった記事がありました。

- トリガー(きっかけ)
人々に行動を取らすための引き金。外的トリガーと内的トリガーの2つがあり、すべてのフックの始まりとなるフェーズ。
- アクション(行動)
アクションのしやすさと、それを行うための心理的動機の2つを用いて、特定のアクションが発生する可能性を高めるフェーズ。
- リワード(報酬)
ユーザーを惹きつけるために欲望を生み出させるフェーズ。報酬にはトライブ(集団)、ハント(狩猟)、セルフ(自己)の3つがある。
- インベストメント(投資)
ユーザーにわずかな仕事をさせて改善を行わせることで、新たなフック・サイクルを作り出す確率を高めるフェーズ。

との4つの構成をつなげていくことでユーザーの定着を実現することができる、とのこと。

markezine.jp

現ZOZOのVisilyチームが翻訳をされたということで、金山さんの記事もありました。

これが全体の構成ですね。小さなきっかけでもリワードを与えるサイクルを重ねていくことが重要ということですね。

 前の記事にもつながる話かもしれません。

また、来日したタイミングでブログ記事も上がっていました。

海外の消費者心理学の専門家が語る、WEBサービスをユーザーの習慣の一部にする方法[前編] - VASILY GROWTH HACK BLOG

海外の消費者心理学の専門家が語る、WEBサービスをユーザーの習慣の一部にする方法[後編] - VASILY GROWTH HACK BLOG

ネット証券での株式投資などにはまってしまうのもこのロジックで説明できるな、とはまっている自分自身を鑑みて納得してしまいました。