ログマニアックス

マーケティングや日々気づいたことなど。資産運用、健康管理なども

小さな報酬でヒトはハマる

Green Hooks

少し以前に話題になった本ですが、紹介されたのでメモ。

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

  • 作者: ニール・イヤール,ライアン・フーバー,Hooked翻訳チーム,金山裕樹,高橋雄介,山田案稜,TNB編集部
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 プロダクト設計を行う際に参考になるのではないでしょうか。

続きを読む

ゲーム性が導く中毒性

Gamble

ちょっと貸してもらったので、読んでみました。

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

  • 作者: Susan Weinschenk,武舎広幸,武舎るみ,阿部和也
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/07/14
  • メディア: 大型本
  • 購入: 36人 クリック: 751回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る
 

大仰なタイトルですが、100個のTips的な内容を羅列的に並べているので、非常に読みやすい本です。

続きを読む

当面のエクセルの優位性はソルバーかも

Goal

今更ながら、ゴールシーク機能を知って便利だな、と。

kobito-kabu.com

Excelは業務では使うものの家にはパソコンも置かないので、この手の機能がないことで不便なシーンもあるのかもしれません。

tonari-it.com

こういうのを見ると結構使い勝手よさそうですね。

Abemaは地方局を駆逐するか

f:id:masakiplus:20190512133241j:image

少し長いですが引用。

ナショナルクライアントとかブランド広告主がインターネットシフトするということは言われているんですけれども、なかなか総量が増えてこない。ネット広告主を見てもらうとわかるんですけれども、そういう広告主はなかなか顔を出してこないんです。これはなんでかと言うと、ネット広告として出せるメディアで、ブランドがちゃんと守られる。自分が広告を出したところのコンテンツが、ある程度クオリティ高く保証されている、中身が変なものが出ないとわかっているものがなかなかない。これは、CGMのようなものは非常に何が出るかわからなくて怖いとか、プラットフォーム型でもその中身までは管理できない。そういう意味でいうと、AbemaTVを作った理由の1つとして、ブランドセーフティなもの。我々が制作するもの、調達してちゃんと中身をチェックしているものを出すところがありまして、そういう意味ではそういった広告主が出せる場を作るという狙いがあった。また、若者のテレビ離れが起こっているとか、新聞を読まなくなったとか、雑誌を買わなくなったので、それらの人たちを捉えきれるメディアがなかなかない。

ある意味ちゃんとしてないインターネットの上にちゃんとした広告枠を作り、単価を下げずにマネタイズしていこう、というビジョンですね。

続きを読む

社会で子供を育てる事

spartan

気がついたらおじさん領域に入っていたので、記事が身につまされる。

リストラされても怖くないほど優秀か、リストラされる心配が無いほど優秀であればとりあえず大丈夫だ(ろう)。しかし、そこまで自分に自信が持てる人間は多くあるまい。ならば、とびぬけて優秀というわけではない大多数は、子育てを回避するのがリスクマネジメントとして妥当であり、控えめに言っても、子育てをためらうのは致し方のないところだろう。

子供がいると言うのは農村社会においては働き手と言う意味で資産であったが、現代社会においてはリスクを含んだものであると言う事がさらに強まっているということになる。

続きを読む

泉佐野市から玉ねぎが届いた

f:id:masakiplus:20190507190526j:image

昨日の夕食はオムライス。最近はぐるなびのやっているシェフごはんに奥さんがはまってるらしい。

ひき肉が効いていてとても美味しい。

そういえば入れた玉ねぎはなにかと話題の泉佐野市のふるさと納税の返礼品。

多分これとおんなじですね。泉佐野市には賛否両論あるかと思いますが玉ねぎには特に問題ないと思いますので美味しくいただきます。

生命保険を使った節税は見送り

Insurance

一部、節税の商品として人気のじぶんの積立。

結論でいうと現段階では見送りしました。

  • 元本保証
  • 10年で利息3%。ノーリスク
  • 生命保険控除対象

というメリットはありますが、

  • 生命保険控除は上限が4万なので大きくない
  • 対面での契約が必要
  • 資金ロック

というデメリットがあったので。

前職では財形があり、年利で数パーついたので、代替を探してますが、

  • iDeCo
  • デパート積立
  • ジュニアNISA

のいずれかに落ち着きそうです。

 

じぶんの積立の節税の参考にしたのはこちら。

 

いわゆる生命保険に関しては基本はなくて良いと思ってる派です。