ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

積み上げで考えるCRM施策の評価

CRMの施策は多くの場合、一つ一つの施策は非常に効果が小さいものですが、積み重ねることで効果が積まれていく施策が多いです。

例えば行動ターゲメールなど、もともと配信ボリュームが少ない施策であれば、サイトの規模によっては再来訪・再CVへの貢献は1日数十程度といったこともあるかもしれません。

そういう時に例えば、積み上げでの整理をすることで議論することができます。

f:id:masakiplus:20160708031003p:plain

例えば、メディア事業におけるサンキューメールでの積み上げを考えてみましょう。毎日少しずつ積み上げていくことで1日目は非常に小さい効果ですが、5日目は1日目から5日目まで、N日目は1日目からN日目まで、といった数字の積み上げがシミュレーションできます。

※↑の場合にはなんとなく週末ベースでどかっと上げるみたいなのでわかりにくいですが(汗)

例えば卑近な話ですが、施策の優先順位などを決める際には仕立てと見立ての報告・提案を事前に求められることがあります。

CRM施策は施策としては地味で、開発に対して大きなコストはかからないことが多いですが、逆に成果のアピールが単日だと難しいことがあります。

そんな時は例えば「1ヶ月・○日間の継続積み上げでこれぐらいのボリュームがある」といったコミュニケーションを階段上の表などで説明するのは、一つわかりやすいテクニックかもしれません。