読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

二段階ロケットで導入するMAツール

もうすぐ電通デジタルという会社に統合される電通イーマーケティングから、ゴールデンエッジというソリューションが発表されています。

電通さんは今後はこのソリューションを中心にマーケティングオートメーションを売って行くのかもしれませんね。

業界的には選択肢が増えることは良いことですが、逆に言うと選ぶ、ないしは、選ばないためにキチンと内容を理解することが必要そうです。

ゴールデンエッジって何

概要図としては以下の形のものが紹介されていました。

f:id:masakiplus:20160618144627p:image

「Growth Edge™」ではこれらの課題を一度に克服できます。アプリのアクセスログなどの行動情報やユーザーの属性情報をマーケティングオートメーションのスコアリングに反映させることで、より精緻な情報配信とコンテンツレコメンドを実現し、ブランドへのユーザー体験(UX)の向上と顧客生涯価値(LTV)の最大化を達成します。 既存の2つのツール、マルケトの「Marketo」とシロクの「Growthbeat」をシームレスに結合させ、電通グループのマーケティングおよびデジタルCRMに関する知見・ノウハウを融合、CRM施策をワンストップかつコスト競争力のある形で提供できるようにしました。導入の際、顧客のマーケティングオートメーションに必要な戦略策定と初期設計に加え、運用・分析に必要なすべてのリソースを提供することで、ブランドやサービスへのエンゲージメントの向上を支援します。

ということで、ポイントとしては

  • キャンペーンマネジメントツールとしてマルケトを中心に採用
  • メールマーケティングはマルケトの既存機能
  • プッシュノティフィケーションのチャネルとしてグロースビートを採用

という特徴があります。

他のツールと何が違うのか?

例えば、セールスフォースの持つエグザクトターゲットでも同様のことができます。探してみたら実際に似たような構成 の資料もあったりw
f:id:masakiplus:20160618215301j:image

実際にはオールインワンで使えるほうが使い勝手が良いことがあります。実際にセールスフォースの場合には世界中での導入実績があることから具体的な導入の方法から戦略立案まで見てくれることもあります。

少なくともソリューションとしてゴールデンエッジが極端に他のツールに対して優れていることは無さそうです。

二段ロケットとしてのゴールデンエッジ

では、ゴールデンエッジのどこがポイントかというかと、マルケトやグロースビートと言った国内稼働実績が多いソリューションの組み合わせであることでしょう。

まだどちらもメジャーなサービスとは言いませんが、少なくとも単体で導入コストが低く、効果見立てが短期に立ちやすいツールです。

そのため、まずはどちらかのツール導入で成果を出し、二段階目としてマーケティングオートメーションを実現するということなんでしょう。

この考え方自体は非常に重要で、まず最初に成果を出すと言うことが大事。そして多くの人場合、MAなのかメール配信なのか、ツールの違いはわからないのが普通です。

この辺り、営業力が高い電通のことですから抜け目なく進めてくれるのかもしれませんね。