読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

スクラムとマーケティングのお仕事

プロジェクトを廻すのに必要なのは明確なビジョンと適切な課題設計だと思っていますが、もちろんほかにもいろいろな要素があてます。
ちょっと教条的な部分が強いので辟易している感覚もなくはないですが、逆のその教条というか、取り決めをきちんと学んだことがなかったスクラムを実際に社内で研修する場があったので、参加し始めました。

レゴを使ったトレーニング

結構ちゃんとした研修で座学でみっちりと学んだ上で、新卒の実開発のスクラムマスターとして入るというプログラムです。
気軽に参加を決めたのですが、思いの外、歯ごたえもあり、楽しんで受けています。

初日の内容としてレゴを使ったトレーニング。詳細は上記の記事と同じです。
班分けを行った上で、「プロダクトオーナー」「スクラムマスター」「開発メンバー」に別れて、プロダクトオーナーが希望する『理想の街』をレゴで作り上げていきます。
プロダクトオーナーが目指す姿は曖昧でときに変化しますが、要件をヒアリングし、達成条件を明確にし、短時間で建築する内容を決定し、実際の結果のレビューを受け、さらにその内容を次のスプリントに生かす。
こういったプロセスをレゴを使って行うというものです。
そういえば、プランニングポーカーと呼ばれる工数見立てを行う場では以下のアプリを使っていました。

Scrum Planning Poker

Scrum Planning Poker

  • Ionut Carst
  • 仕事効率化
  • 無料



マーケティング担当者とスクラム

さて、割と大きな企業でマーケティングスタッフとして働いて長いのですが、大枠において、マーケティング部門が陥りがちなのが所謂マーケティング担当者の「スタッフ化問題」。偉い人のあーだこーだに振り回されているからか、プロダクトに比べて
評価が曖昧になりがちだからか、いろいろ課題はあるのですが、その対策として、スクラムの考え方は意外とうまくいくかもしれません。
スクラムの大事なコンセプトは自己組織化です。曖昧な要件を具体的なアウトプットに実現するため、各メンバーが制約の中でできること整理し、プロダクトオーナーが納得する形に仕上げていきます。

チームで相互チェックをし続け、自分の頭で考えないと進捗しないスクラムは実はマーケティングチームも取り入れるべきではないかと思っています。

マーケティング担当者が自己組織化するために

一方でマーケティング部門スクラムがうまくいかない要因として考えられるのが、
  • 多くの企業ではマーケティング担当者はいてもチームではなく個人で仕事をしている
  • 代理店・外部パートナーに依存しており、広告主1者では完結しない
  • マーケティングオーナーが一人ではなく、かつ要件が相互に矛盾したり、変更がされることが多い
  • マーケティング施策は全般的に開発に比べて短納期であり、アドホックな案件が多い
といったところでしょうか。
もちろん完璧なやり方などないし、教条的なポイントを守ることがスクラムのルールではないので、上記のポイントは以下のやり方で対応できないだろうかと考えています。
  • ストーリーとプロダクトバックログの担当を超えた共有化
  • 外部パートナーとの共通したKANBAN完了
  • レビューと振り返りのマーケティングオーナーへの報告
短期間という問題にかんしては振り返りなどいくつかの要素をオミットするなり、2週に一回程度に留めることで対応できるかもしれません。

ガントチャートとバーンダウンチャート

また、とっつきがよく、マーケティング担当者も安易に取り組みがちなのが、ガントチャート。工事現場などでもよく見るし、表現の方式としては非常によくできています。
一方で、ガントチャートはメンテナンスが面倒で、きちんと運用するためには専用のソフトウェアが必要です。
特に予実の差分を把握することがよくあるエクセルのガントチャートだとわからないので、遅延をごまかしたりもできますし、実際の納期に対するリスクが隠蔽されがちです。
スクラムで推奨されているバーンダウンチャートはその点、「難しいことはわからないが遅れていることはわかる」ないしは、「とりあえず納期には間に合いそうだ」を可視化するには十分な機能です。エクセルでも簡単に実現できるし。
1週間以内で完了する細々したタスクも多いですが、逆にいつまでやるんだっけこれ?みたいな長期プロジェクトも入り混じるのがマーケティング担当者のお仕事。
例えば、エクセルでの作り方が以下のページにもあるので、ガントチャートをバーンダウンチャートに置き換えてみてもいいかもしれません。


カイゼンの道具としてのスクラム

自己組織化にしてもバーンダウンチャートにしてもカンバンにしても、ただそのやり方を真似ることが大事なのではありません。その取り組みを通して、チームや個人が成長していくことがで目的です。
多少ゲーム感覚の部分も取り入れることで、日々、業務の管理・消化に忙殺されることなく、アウトプットの品質にこだわり、結果として地力がつけられるようになるといいですね。