ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

台湾に行ったのにほぼ日本的な週末



金曜日の夜からお休みをいただき弾丸ですが台湾に行ってきました。仕事で行ってたことも何回かあるのでトータルで言うとそろそろ 10回目ぐらいでしょうか。
たいして写真を撮らなかったのですが、メモ的に残しておきます。今回ば効外の町を中心に、淡水と北投を訪問してきました。

淡水は横浜的な港町

f:id:masakiplus:20160411213016j:image
電車で台北から30分ほどで着く淡水。東京で言うと横浜みなとみらいみたいな感じです。マッコイ博士という宣教師が発展に貢献したとのことで、あちこちに肖像画やオブジェが。
f:id:masakiplus:20160411213320j:image
街全体は煉瓦造りで古い壁もあちこちに残っています。
f:id:masakiplus:20160411213426j:image
電車道の整備されていてレンタル自転車だとかなり楽しいと思います。
f:id:masakiplus:20160411213534j:image
で、港町なので海産物が名物。しつかり蟹もいただきました。
f:id:masakiplus:20160411213811j:image
ガイド的にはこの辺のページを参考にしました。


まぁ、僕的には東洋のベニスはいいすぎだと思うけど綺麗で良いところでした。

北投はまさに日本の温泉街

で、帰りみちに北投ヘ。
北投は日本統治時代に開発が進んだ温泉街。地獄谷のような熱泉が街の中心にあり、周りの坂に多くの旅館が軒を連ねています。
f:id:masakiplus:20160411220936j:image
熱海か伊香保のような風合いがあり、周りの言葉が中国語である以外はほぼ日本ですね。
そしてなんとなくというか、安心感から、日本資本の加賀屋へ。
日帰り入浴ですが5000円前後なのでまあ日本と変わらないですね。ほぼ貸しきりだったのでそれはそれで良かったです。
日本の加賀屋と比べてどうか、というのは比較できないのですが、Expediaなどで予約できるのであれば、そこそこ安く日本クオリティの旅館と海外旅行をワンストップで達成できるかもしれません。 

台湾的な楽しみも

台北ではベタですがマッサージ×2とB級グルメ。マッサージが楽しみでしょうがないのはおっさんになったからか。
今回特に旨かったのはこちらのネギ餅。ツォンヨービンといいます。
f:id:masakiplus:20160411220957j:image
15分ほど並びましたが、アツアツ、サクサクでいい感じでした。

やっぱりイイね、台湾

いい加減、行きなれてるのであまり新鮮味はありませんでしたが、人は親切でご飯も安く美味しい。
温泉とマッサージも含めて、少しリラックスした週末を送るには近くて安い台湾、やっぱりイイかも。