ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

仕事を管理するコックピッドとしてのyPad Pro

しばらく業務用のノートとしてypadを使っていたのですが、4週間たち、使い方も明確になってきたので、まとめてみました。

ちなみに最近アナログついています。

ypadとは

R25JTの広告で有名なデザイナーの寄藤文平さんが自分の仕事で使うために開発したノート。最近では東京メトロのマナー広告も手がけていますね。

Bunpei Ginza

f:id:masakiplus:20160208112352p:plain

で、実際の商品はこちら

yPad Pro

yPad Pro

 

僕はPRO版という大きいサイズ(4週間が1ページに入っているもの)を使っています。 

こんなふうに使っています

まずは論より証拠ということで実際の使っているページを公開します。 仕事で使っているので、基本モザイクを入れています。

f:id:masakiplus:20160208111718p:plain

 4週間あるのでかなりでかいです。

ざっくりスケジュールの左、細かく管理の右

基本フォーマットとしては左側が予定、右側がプロジェクト単位での進捗を示しています。まずは左から。

まず、平日は定時の時間として10時と19時に線を引いています。この辺は好みですが、家に仕事を持ち帰らないことや残業をしないことを意識するときにこのステップは結構大事。

そして、定例を中心に重要な打ち合わせを記入。ポイントは全部の予定ではなく、重要だと思われる会議のみ書いていきます。

この就業時間と会議を記載することで、作業時間にどれだけ使えるか、アウトプットのタイミングをどこに合わせるか、といった検討ができます。

ちなみに、プライベートのことは一切書きません。僕はypadを進捗管理と同時にコミュニケーションツールとしても考えているので、他人に見られても問題がない内容のみ記載しています。

右側はプロジェクト単位での記載。

当初はあまりルールも作れず、適当に書いていましたが、だんだんと「俺ルール」ができてきました。

今の業務は複数のプロジェクトに平行して入ることが多いので、プロジェクトが立ち上げったり、参画するタイミングで追加しています。追加の仕方ですが、言葉では説明しにくいのですが、縦に二等分線、四等分線、八等分線を縦に引いてところに増やしていく感じ。

書き方の塊ですが、例えば契約のように、ドラフト作成→同意→稟議→捺印というような決まりきった流れは縦の矢印でつなげていきます。この辺はデザイン業界とウェブ業界はあまり変わらない感じですね。

一方で定例は一週間のリズムを作るために重要ですので、できるだけ他の要素と混ぜずに縦一列に記載しています。祝日などで変更があるときにも忘れずに。

自分と向き合う、周りと共有する

で、使い方ですが、基本は朝にまず開いて、その日に何をするのか確認します。会議やマイルストーンが迫っているのであれば自分で用意をし、必要であれば担当者にプッシュをすることも朝の30分で把握することができます。

また、上長へのホウ・レン・ソウにも有用です。

僕は複数の上司と面談を毎週ないし隔週でお願いしているのですが、彼ら彼女らに安心してもらうためにもこちらは重要です。

プロジェクトの進捗や課題或いは 今困っていること 理想で言うと 打ち合わせの前に書いておくと、机の上で広げながら具体的な日付を合わせて相談することができます。毎週毎週できれば上長にアウトプットを渡すということを心がけていますが、アウトプットがでなくても アウトプットを出るタイミングや必要なプロセスがちゃんと共有できる仕組みとしてうまく使えています

でかさは弱点でも

とはいえ、弱点もあります。

それはでかすぎること。B4サイズなので、ほぼ、Macbook Proの15インチと同じ大きさです。逆に同じ大きさなので、PCを持ち歩くときには便利なものの、単体だとかなりでかいです。

当然のことながら、机の上を綺麗にしておかないと開けません。今の職場は机がかなり広いのでなんとかなりますが、以前はフリーアドレスで狭い席しかなかったので、その場合にはかなりきつかったかも。

また、開くと中身が周りに座っている人にまるわかりなので、会議中に開く際、特に取引先の前ではこっそり確認しています。ましてや電車の中などはむりぽ…

開く場所は自宅と職場だけ、と決めたうえで、イニシャルなどで記載するなど、できるだけわかりにくいように書いています。

ただ、これは閲覧性とトレードオフなので、致し方ないかなぁと。

自分を見つめるコックピットとして有効

4週間続いたので、おそらくは継続的に使うと思っています。上記のように打ち合わせでも使っていますが、概ね好評ですし。

今までは過去には通常のypadやypadminiなど一週間ないし二週間の表示となっているタイプを使っていましたが、実は2週で終わる仕事などなかったりするので、途中で投げ出していました。 

yPad6

yPad6

 

 

yPad half S

yPad half S

 

※今見返した、家に4冊ぐらいあった…もったいない…

今回4週間がガバッと見れるProサイズを使い出して、こまめにアップデートすることで、自分自身がまず安心できるようになりました。

あ、あれやってないしな…みたいなこともなくなりましたし。

寄藤さんが書かれている通り、

f:id:masakiplus:20160208142344p:plain

自分を知る「コックピット」としてypadは役に立つような気がします。