読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

リアルに近づくコンバージョン最適化

先日は抽選があたったこともあり、以下のイベントに参加してきました。

www.cv-matsuri.com

月に2度、在宅勤務をしてよいという制度があり、その制度を使って仕事をしながらの参加です。内容的にはマーケティング関連のライトニングトークが数珠つなぎになっているようにな感じでしたので、話している方には悪いですが、ちょうど技術系のポッドキャストを聴いているような心地よさを耳に感じつつ、作業を実施していました。

 場所は渋谷のdots.この間のTableauの会もこちらだったと思うので、たまたまですが、2回目ということになります。なかなか綺麗な会場ですね。

masakiplus.hatenablog.com

dots. [ドッツ] - IT勉強会・セミナーなどエンジニアのためのイベント情報

以下、参加者のコメントをぱくっ…引用してセッションを振り返ります。

DMPを最大限活用したCVR改善法

以前に上司だったこともあるインテメードマージャーの簗島さんの話。

 
こちらのサービスですね。フリークアウトとPreferred Infrastructureが作った会社です。
他のセッションもそうですが、「オフラインも含めて」というのは頻出語ですね。オンラインという文脈だとマーケットの広がりがもう見えないのかしら?とうがった見方もしつつ、激しく同意。
この辺は普通に実施することで即改善できる話。ただ、DMP導入企業はみんなやれているのか、っていうとそういうことはないし、細かく見ると終わりがないのだけど。 
 ツールを使ってセグメントを自由に切れるようになってしまうと、セグメントを切ってからLPをそれに併せて作りたくなってくるけど、逆のほうがよい、と。これはいい話。すでにサイト・サービスを利用しているお客様が一番ニーズを把握しているものですから。

事業会社が語るコンバージョン獲得戦略の実際

続けて、ガリバーの中澤さんとリクルートライフスタイルの渡部さんのセッショントーク。渡部さんも以前僕の上司でしたね…僕は上長に恵まれているな。

 
刺激的ですなぁ。このことはまずは事実になりつつあり、それに併せてGoogleやYahoo!自体も大きく企業の戦略を変えていると思っています。
例えばNow on Tapだったり、Appindexingだったり、Streamだったり、要素技術を拡張して実装することでGoogleはリアルに近づこうとしています。
 これは面白かった。この辺の記事が詳しいかな。
商品のライフサイクルの話。
この辺はリクルートはすごく考えていて、そもそもライフサイクルが非常に長い、結婚とか就職とか、不動産購入だとかのライフタイムイベントに寄っかかって経営されていたリクルートがじゃらん・ホットペッパーを中心とした、年間数間、ヘタすると数十回のイベントにシフトし、そこからさらに接点イベントの高いECやオフラインにシフトするという戦略を注意深く広げています。
その最前線として設立されているのがリクルートライフスタイルなので、今リクルートで新しくてヤバいことをやっているのはライフスタイルが多かったりするんじゃないかな。
 でもその辺を実現することは各社ともに検討しているとはいえ、組織・人材にはまだ最適解がないというのが現状。ここからは採用とか組織の話が。
結局はこういう結論になってしまいます。この後のセッションでも繰り返し議論されるけど。この話はデータサイエンティスト議論に似てきて、マーケティングとテクノロジーを極めて高いレベルで理解・実現できるひと、ってことですが、そんな天才そんなにいないし、いたらとっくに起業しているよ、って話かもしれません。

データ分析とクリエイティブ最適化、どっちがコンバージョンあがるの?

Socketの安藤さんの発表。僕は不勉強で知りませんでしたが、EC中心に導入されているキャンペーン実施ツールのようです。

flipdesk.jp

 シナリオマーケティングは特にECでは重要だと思っています。まさに店舗でスタッフが接客をするようにお客様をおもてなしできるか、そこを自動化できるか、というのがテーマですね。
 これが結論。割りとウロコが落ちました。

「旅行会社」としてのH.I.S.のWEBサービス戦略

 一番実業に近い話が聞けた気がします。壊れかけたビジネスモデルの中で、以前の覇者がどう生まれ変わるかというテーマ
この間の旅行もOTAだったし、個人としてもHISは使うチャンスがなくなっている。 
 既存企業の強みとしてはオフライン接点での囲い込み。また、お客様がネットリテラシーが低い人を抑えていく。この辺は「お客様が賢くならないこと」を前提として最適化を進めているみたい。
ここもやはりおもてなし。DMPだとかターゲティングとかいうけれど、なんのことはなし。対面でやってれば必ずやっていること。 

世の中と共に時々刻々と変化するダイナミックペルソナを捉えたCV最大化

 主催のデータアーティストさんのセッション。DLPOは気がついたら国内導入は圧倒的ですね。僕も以前に使っていて、非常に便利に活用させていただきました。
そのターゲティングやらセグメントなんてのは移ろいやすいというの観点をいれてきました。この辺はとてもわかりやすい
で、結局最大のメディアであるニュース・テレビの活用を促していくということですね。これもまた、オフラインとの統合ですね。
 現状、クリエイティブの入稿は審査がある媒体も多いけど、できる範囲で即やりたい話ですよね。最大公約数的に興味が持たれる話題=ニュースなので。
DLPOにかぎらず、マーケティングオートメーション、デジタルマーケティングのツールはスべからず施策に集中し、顧客に集中するための道具にすぎないということですね。自戒を込めて。 

PMP(プライベート・マーケットプレイス)とCVベンダーはいかに連携するか?

最後はパネルディスカッション。ビール飲んでた。 
あんまり書きにくいですが、モデルプレスさんがうまくコンテンツを活用して山を作るという話。昨今は燃えそうな話でもあるが…
 で、まだ無名な方の記事を用意して、世にでるタイミングで露出、と。テレビ制作サイドと関わっているので、まぁ答えを知って回答している状態。
必ず成功するわけではないのでしょうが、恐ろしい話ですね。 

このテーマはイベント全体を横断してありましたね。

雑感

いい感じに緩かったので、一日ずっと参加するにはわりと厳しいかなぁと思いつつ、いろいろな目線からの話が聴けてよかったかなぁと思いました。「祭り」っていうには正しいけど、「収穫」っていうとちょっと期待し過ぎないで、自分で考えるきっかけにする回だと思いました。

また、上のメモを取るにTwitterのまとめツールが役に立ちました。

ツイートまとめツール

で、コンバージョン祭 (@cv_matsuri) | TwitterTomoyuki Sugao(菅尾智之) (@TomoyukiSugao) | TwitterさんのTwitterからまとめていたんですが、僕もEvernoteにメモするんじゃなくて、Twitterで書いてもよかったなぁ、と。

来週はAd Techにも参加するので、その時は発信者としても役に立てればと思います。