読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

プランなくしてコンテンツ無し

clip

コンテンツを作る時に参考になりそうな記事をいくつかメモ。

長めの文章を書くときは、僕はまずアウトラインをまとめるようにしています。
具体的にはこんな感じです。

チェックリストにして作業するというのが非常に参考になりました。仕事用の資料作りにも役に立ちそう。

見直しの観点は以下の4点になります。
・読者が検索してまで知りたい事は何か?
・この記事は、何について書いているのか?
・1つメインのキーワードを上げるとすれば何か?
・この記事は独りよがりの記事になっていないか?
・読者が得られるものがあるか?

過去に作ったコンテンツを活かすための視点。ちょっとウェブの人には縁遠い編集の目線からの記事。

「連載」というのは、元は新聞や雑誌に見られる方法で、発行が頻繁なために、1つのテーマを何回にも分けて記事掲載する方法です。Webは「発行が頻繁」という媒体ではないので、「連載」はおかしいのですが、1つのテーマを何回かに区切って掲載することを連載型コンテンツと呼んでいます。

雑誌では、連載コラムがたくさん掲載されていて、どんな執筆陣をそろえるかで媒体特性を打ち出しています。週刊誌などでは「あの人が連載しているから毎週買っている」という人も少なくありません。

Webの場合でも似たことが起こります。たとえ無名社員の執筆であっても、一度読んだ人がおもしろいと思えばリピーターとなり、次第に積み上がっていくので最も底堅い集客コンテンツといえるでしょう。

いずれの記事でも共通しているのは、コンテンツを生み出すためのプランニングが大事だということと、その過程で手を動かすことの重要性ということですね。