ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

プロダクトマネージャーというお仕事

少しメタな話。

最近ネット業界界隈で盛り上がっているのが「プロダクトマネージャー」という職責。多分昔からいて、日本だとディレクターとか編集長とか言われてきた人だと思っています。

rebuild.fmで話題になりましたね。

rebuild.fm

かくいう僕もこの放送を聞いて、プロダクトマネージャー本を買いましたが。 

 

世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 ~トップIT企業のPMとして就職する方法~

世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 ~トップIT企業のPMとして就職する方法~

 

  

世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法

世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法

 

 

この本自体は資質や業務の説明の他、就職面接対策に多くページが割かれているのですが、技術寄りでもマーケティングよりでも組織や戦略を動かしていく立場であれば、すべからずプロダクトマネージャーでないといけないということだと思いました。

で、ビズリーチの丹野さんがいくつかスライドを公開しています。

www.slideshare.net

まずは丹野さん流の求められる素質の紹介。で、その中での壁の話が以下の通り。

www.slideshare.net

作っていく中で内外のいろんな声やリクエスト、不満や不安をどう潰していくかをわかりやすく説明しています。でこれに対するすどけんのアンサーソングが以下。

www.slideshare.net

KAIZENの成長に、また投資フェーズに重ねてKAIZENの中でのプロマネの成熟を整理しています。最終的にすどけんが巻き取っているだけじゃね、というツッコミもできそうですが、まぁそれはキニシナイ。

繰り返しですが、別にプロダクトマネージャーなんてのは最近言い出された言葉かもしれませんが、その役割はとっくにいろんな組織でいろいろな形で存在していました。

そういう意味では「データサイエンティスト」とか「グロースハッカー」よりはだいぶ現実的に顔が出てくるポジションかもしれませんね。