読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

Netflixトライアル始めてます

もともと僕はhuluユーザーで一時はバンダイチャンネルも契約していたぐらいの有料動画サービスファンです。この度、ネットフリックスが晴れて日本にやってきたということでトライアルを実施しています。

www.lifehacker.jp

この辺の記事が詳しいけれど、どうやらネットフリックスの優位性は

  • オリジナルコンテンツ
  • 対応デバイスの多さ
  • UXのわかりやすさ

にあるみたい。マーケティングの観点でいうと、レコメンデーションとグロースハックの模範例としてよく紹介されるのもNetflixですね。

そんなNetflixの歴史とヘイスティングスについてはこちらの記事に詳しい。

wired.jp

会社としてよく知られているのは、独立系でテレビ局から目の敵にされているのと、データを活用したマーケティングを実施していること。

Netflixの2番目の特徴は、データの活用法にある。数テラバイトのデータを分析し、視聴者一人ひとりへのおすすめを作成するのだ。配信されるタイトルの一つひとつにタグ付けし、世界中の視聴者一人ひとりがどのタイトルをどんなシチュエーションで見たかについての膨大なデータと相互参照される。

 そして、アメリカでの圧倒的な普及率をバックに海外展開の戦略もきちんと立てているようだ。

コンテンツは国境を超える。国外への普及こそがNetflixの戦略の要だ」と語るのはメディア評論家のマイケル・ネイザンソンだ。多くの国では、アメリカほど専門チャンネルが普及していないので、Netflixのようなストリーミングサーヴィスが現実的な選択肢となる。それに、Netflixはよりオリジナルなコンテンツ編成を求めているので、世界規模でのライセンス契約は効率的なんだ。Netflixのアメリカ国外の潜在的顧客基盤は、国内の7倍だ。

まら、以下の記事によるとすでに有料会員は多そうです。

takanoridayo.blog.shinobi.jp

会員数はグローバルで推計5600万人ということで、課金のサービスとしては恐ろしく数も多く、この資産がデータマーケティングの源泉にもなっているのでしょう。

コンテンツは実はそれほど多くないという噂も聞きますが、レコメンドサービスでどうカバーしていくのか、楽しみにしてきます。