ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

ミッションは営利のためか

読後インプレッション。

どちらかというとビジネス書ではなく自己啓発書のような装いの本書。ミッション・ビジョンという言葉がわりと上滑りで語られる中で、外資系企業の日本法人経営を歴任した筆者が事例をベースにまとめている。

組織が大きくなり、また、特にネット企業にありがちなサービスや事業のピボットに対して、少し抽象度が高くてもミッションを設定し、訴え続けないければ、営利企業ゆえのダークサイドに流れていくのかなぁという感想。

ただ、どうしてもスターバックスボディショップといった、飲食・小売といった、他社との違いを従業員から提供するサービスに置くところが大きい企業・業態はことさらに内部統制というか、意思統一として、ミッションを営利以外におくことが結果として営利に結びつくのかなぁという印象を受けました。