読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

「それ、SQLでできるよ」の神本

活用

SQLパズル 第2版 プログラミングが変わる書き方/考え方
ジョー・セルコ Joe Celko
翔泳社
売り上げランキング: 130934

以前から書店で立ち読みをして事はなんどもあったんだけど、買ってみたら非常によかったがのこのSQLパズル。

考えてみればSQLは89年に最初の規約が決定しているので、拡張しているとはいえ、今でも使われているのはその範囲を考えてもすごい言語だと思う。

その中でもスーパーなテクニックを収めているのがこの本。もちろん、パフォーマンス的には、かなりしんどくて当時としては机上でしか動かないものもあったかもしれないけど、端末のパフォーマンス向上にしたがって、そのへんはあまりきにしなくていいものも出てきているだろうし、何よりもSQLの可能性がわかるという意味で名著。

結構渋い要素もあって、知っている人はしびれるのですが、

* テーブル定義のおける制約設定

から始まって、

* 行列変換

* 連番の欠番取得

* 結合とサブクエリ

* 関係除算

* CASE文での条件指定

* SQLでのデータクレンジング

などなどすげーマニアックだけど、感動します。ちょっとSQL厨にはたまらんね。「それSQ」(それ、SQLでできるよ)みたいなことを言いたくなります。

ちなみに以下のリンクでコードはダウンロードできる

[SQLパズル 第2版](http://www.seshop.com/product/detail/8321)

訳者の方がOracleでも動作するようにしたコードを公開しているのは、以下。

[『SQLパズル 第2版』サポートページ](http://www.geocities.jp/mickindex/database/db_support_sqlpuzzle.html)