読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

久々更新:来年もよろしくお願いします

293125_3979.jpg

更新がだいぶ滞っていました。

二ヶ月間ほぼ更新出来ていなかった、ということになります。

楽しみにしていた方に対しては申し訳ないのですが、

来年は少しはアウトプットを出せればと思います。

失礼しました。

そもそも最近なにしてたの?

11月のセミナーでもちらっとお話しましたが、

10月から従来の社内戦略スタッフから、実際のサイト運用を担当している事業部に異動しました。

具体的には

美容・飲食領域を中心に担当しているのですが、

アクセス解析の導入を各サイトですすめると同時に、

集客を中心にビジネス課題に実際にぶつかっていくという課題に取り組んでいました。

ぶっちゃけ、僕の力不足もあり、

かなり業務時間が長くなったしまったことと、

実際の分析結果をまとめるよりも打ち手に反映させることに時間を取られてしまっていました。

異動して実感した「アクセス解析」の位置づけ

以前に社内論文でもまとめたのですが、

改めて実務に入ると感じるのが、

・解析ツールは使われないが、指標は独り歩きする

・指標の共通認識より改善のストーリー

ということ。

スタッフ時代にもうすうすとは気づいていましたが、

解析ツールを使うのは全員ではなく、

特に管理職以上はほぼログイン自体をしていない方も多いです。

一方で、

使っている方は非常に細かい点まで把握している方もいらっしゃいますが、

逆に特定の機能・レポートのみを使っておらず、

指標の正確な定義を認識していない人もちらほら。

日別UUも月別UUも訪問もセッションも誤解されて使われていることも多いですが、

目標値はその数字をベースにしていることも。

とはいえ、

実はどの指標を使っているかを正しく揃える時間もなかったりするのが、現実。

どの指標を使っているかよりも、指標から打ち手の実施がどれだけ早くできるかが問われます。

ある意味では非常に残念な状態ですが、

走って結果を出すことが求められる場では、

数字の細かい定義を説明して回るだけではなんにもならない、というのもある意味では真実ではあります。

とはいえ、解析なくして改善なし

とはいえ、すべてのデータに対して、

ログがなければ見立てが立てられない、というのも事実です。

実際のデータや解析結果・打ち手そのものは、

なかなかこの場では公開できないかもしれませんが、

ログから気づいたこと、

また、ログに関わることに関しては、適宜来年は共有出来ればと思っています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。