読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

iPad・iPhoneの優先度

導入

1269809_84139944 (1)

少し古い記事ですが、
アイレップさんの調査によると、
iPhoneiPadのサイト閲覧が占めるセッションの割合は数%にすぎないらしいです。

ウェブサイトのセッションに占める割合は iPhoneが1.4%、iPadが0.52%:MarkeZine(マーケジン)

アイレップは、調査対象ウェブサイトに導入したGoogle Analyticsを用いてデータ抽出を行い、iPhoneiPad、PCの3つにセグメントについて集計を実施した。その結果、全セッション数にiPhoneiPadが占める割合は、iPhoneが1.40% 、iPadが0.52%だが、情報通信系サイトではこの割合が突出して高くなるなど、業種により違いが見られた。

閲覧数的には僕の感覚的にものこんなもの。
実データで見たときでも全体の数%いけばいいかなぁ、ぐらいのものです。
ちなみにこのブログのiPad閲覧セッション数も全体の1%程度です。

iPhoneiPadなど、スマートフォンに対する優先度の考え方に関して、
思いつくままにメモ。

 

 

優先度をどう考えるか

アクションをもつサイトにおいて、CVRが同等だと仮説を置くと、
PC経由アクションの1%しかCV自体を得ることができません。

いかにスマートフォンが普及しているかといっても、
1%のアクション増加に対して、リソースの30%を傾けることは難しいという考え方もあるかもしれません。

一方で、一般の携帯電話と同様に
スマートフォンはユーザーはアクションメディアとして利用する場合があります。

ECサイトではPCサイトで検討した結果をあとでスマートフォンで購入したり、
グルメサイトではクーポンの表示に用いたり。

その場合には、ある意味PCよりも重要度を高めて検討する必要があります。

 

利用メディアとして、また、出稿先として

また、
例えばあるサイトがスマートフォン対応を行う際には、
アプリを開発するのか、それともサイトを対応させるのか、で検討の必要があります。

ただ、答えとしては実は決まっていて、「両方やる」なんでしょうね。
競合が対応させるなか、「うちはやらない」というのは考えにくい。

あとはどれぐらいのスピード感で行うのかはリソース、戦略に依存すると思っています。

また、

モバイル広告ネットワーク プラットフォーム| AdMob

iAd - Apple Developer

といったスマートフォン向けの広告メニューも少しづつ充実してきたので、
そのへんにも今後は注目がされていくでしょう。

アクセス解析として、上記に対して、それぞれどう計測していくのか、
どう実装するべきか考えていく必要があります。

 

元ネタはこの記事

ウェブサイトのセッションに占める割合は iPhoneが1.4%、iPadが0.52%:MarkeZine(マーケジン)