読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

データを面で考えてみよう

未分類

brokenheart-heart-broken-50474-o

Web解析ソリューションでは非常に膨大な量のデータを取得することが出来ます
ただ、データはただとっただけではただの数字です。
その数字に意味を与えれば指標になり、
逆にその指標から意味を見出せば、
分析をしていることになると言えるでしょう。

ただ、データから意味を見出すことは結構難しく、
数値は取得したものの。。。
という話も良く聞きます。

意味合いを抽出するために例えば、モザイク図を活用するのはいかがでしょうか。

 

モザイク図とは

モザイク図とは縦横に指標を設定した特殊な棒グラフで、
複数の指標の掛け合わせを図示することで、
単一の指標ではわかりにくい事を明らかにするものです。

例えば、

写真

というグラフがあります。
これは縦を流通チャンネル、横をメーカーにおいていますが、
各チャンネルの大きさとそれに対するメーカーのポジションがはっきりとわかります。

例えば、ダイドーは自販機のシェアが非常に高く、伊藤園はコンビニに強いことがわかります
ただ、いずれにしてもコカ・コーラの販売シェアには大幅におとっています。

 

アクセス解析データで作ってみた

アクセス解析ログからデータを作成してみました。
※データは加工しています

キャンペーンと新規リピートで出してみました。

 image 

 

この例を見ると、サイト全体のリピートのアクション率は3割程度ですが、
一部のキャンペーンでは5割を超えています。

また、新規ユーザーアクションが9割近いキャンペーンもあり、

新規を増やしたいステータスであれば、このキャンペーンを強化するなど、
一定の仮説を考えることができるかもしれません。

ちなみに、作成には、

モザイク図作成

こちらのツールを使ってみました。
シェアウェアですが、使い勝手がよければ登録してみたいと思います。

 

 

データを図にすると見えてくる

SiteCatalystをはじめとした、アクセス解析では、
指定した視点でデータを切り取って表や・グラフにしてくれます。

ただ、残念ながら、数字が持つ意味合いや、数字から読み解けるうちてに関しては、
ソリューションからは提供してくれません。

例えば、このように図化することで、 }
普段はあまり気付かなかった、新たな事象に気づくことができるかもしれません。

 

元ネタはこの本

ちなみですが、モザイク図の解説本としてはこちらがおすすめ。
「面グラフ」と読んでいましたが、通常はモザイク図と呼ぶようです。