読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

アクセス解析における成熟度モデル

未分類

アクセス解析に関心が集まりだしたのは昨年ぐらいからですが、

ソリューションだけではなく、どう活用していくのか、活用するための組織・体制、という点にも

関心が高くなってきました。

元ネタはもう1年も前のものになりますが、

「成熟度モデル」という考え方を援用して、アクセス解析の活用度を考えてみましょう。

成熟度モデルとは

成熟度モデルとは、

平たく言うと、ITの活用のレベルをいくつかの側面で分けた上で、

それぞれに関するゴールと対応した現在地点を設定することで、曖昧な「活用」を明示化するフレームワークのことです。

例えば、COBITが制定している、

COBITでは、ギャップを埋めるための(あるいは目標に効果的・効率的に近付くための)方法として、「きちんとしたプロセスを作って、きちんとコントロールしましょう」という考え方を持っている。そしてさらに、各プロセスがどの程度きちんとできているか、ということを「成熟度モデル」という形で表現している。

という考え方が有名です。

COBITの成熟度モデルでITILを裏付ける - @IT情報マネジメント

COBITの成熟度モデル

などを参考にしてください。

例えば、COBITでは

計画と組織(Plan and Organize)

調達と導入(Acquire and Implement)

サービス提供とサポート(Deliver and Support)

モニタリングと評価(Monitor and Evaluate)

の四つのドメインでそれぞれに対して、成熟度を設定していますが、

アクセス解析における成熟度モデルでは、六つのドメインを設定しています。

アクセス解析における6つのドメイン

この成熟度モデルは、

アクセス解析のツール分析をするプラグインWeb Analytics Solution Profiler (WASP)などの開発元でもある、

immeriaというコンサルタント会社が設定しているものです。

企業として Web 解析能力を向上させるために―Web 解析成熟度モデルの活用(1) / 不況時代の Web ビジネス最適化講座 - japan.internet.com コラム

こちらの記事で大枠は紹介されていますが、

ハメル氏のモデルは「Web 解析成熟度モデル(WAMM)」と呼ばれるが、彼のいう「Web 解析」の領域は定量的、定性的なデータの積極的な活用、統計分析、マルチバリエイトテスト、行動ターゲッティング、ビジネスプロセス分析など ROI 向上のためのビジネス全般の活動におよび、単なるアクセスログの解析にとどまらない。

として、以下に紹介する六つのドメインをバランスよく向上することで、

より活用を深めることができるとしています。

それは、

  1. マネジメント
  2. 目的
  3. スコープ
  4. リソース
  5. 方法論
  6. ツール

の六つです。それぞれに対して、設定されている内容が異なっています。

とりあえず日本語にしてみました。

各ポイントに関しては平易な英語なので、上記のPPTも参照していただければと思いますが、

最終的にはアクセス解析を、

競合と戦うため、打ち負かすことができる

強力な武器にしていくステップを示しています。

成熟度の向上はバランスよく

アクセス解析がうまく行っていないと感じたら、

図の様に現状のアクセス解析の利用、活用状況をプロットしてみてください。

下図の様に、その利用にはむらがある場合が多いかと思っています。

なかなか難しいかともしれませんが、

このモデルの考案者によると、各側面をバランス良く成熟させないといけないとしています。

ツールや方法論のレベルを上げていくことも大事ですが、

マネジメントやスコープなど、

活用の幅を広げていくためにも重要ではないでしょうか。