読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

SiteCatalystでRSSの購読を計測する

導入

 1165443_56434119

小ネタの紹介。

SiteCatalystでRSSでの購読をどう分析するか。
とはいってもonClickで計測しているので、
サイトのURLから登録されたような場合には使えませんが。

How to Track RSS via Omniture SiteCatalyst | Web Analytics Central

から少しアレンジしています。

 

ページ遷移と計測要件

この例だと例えばニュースサイトなどを想定しているのでしょうが、
複数のRSSがあり、全体への遷移数と
各リンクへどれぐらいクリックされているか、という計測をしてみます。

 

使う変数

必要な変数は以下の通り。

Variable    Purpose
event1    RSS の紹介ページへのクリック
event2    RSS リンククリックスルー
s.Prop1/s.eVar1    RSS 購読タイトル
s.Prop2/s.eVar2    RSS 購読リンクID

イベントが2つ。propとeVarが2つずつです。

 

実装方法

onClickとして例えば、こんな感じの実装をしてみます。

<a href=”http://www.webanalytics.com/?feed=rss2&rssID=oxxx120509
onClick=”
var s=s_gi(RSIDのID);
s.prop1=s.eVar1=’RSSの購読タイトル一覧ページ’; 

s.events=’event1′;
s.linkTrackVars=’eVar1,prop1,events’;
s.linkTrackEvents=’event1′;
s.tl(this,’o',’ブログ購読登録リンククリック’);
”>WebAnalyticsCentral.com RSS Feed</a>

カスタムリンクという実装方法ですね。
こちらの記事にまとめてあります。

これだけで、RSSへのリンクがクリックされた回数を取れますが、
以下のような実装で、クリックされた購読のタイトル・リンク記事を取得することができます。

※元ネタを誤解していましたが、@ankさんの記事を拝見して、修正・追記しました。(2010/3/29)

配信しているRSSからの流入数を取るのにパラメータを利用します。

例えば、RSSからブログに入ってくる際のURLには

?rssid=xxx

といったパラメータをふりましょう。

そして、

s.prop2=s.eVar2=s.getQueryParam(rssid);

if(s.getQueryParam(rssid)!){
     s.events=”event2″;
}

というコードをページで呼び出せば、パラメータごとにクリックされた数と、
どのクリックから流入が多いかを調べることができます。

追記終了

 

応用編

分析を深めるには、コリレーション(掛け合わせ)をかけておきましょう。
例えば、

  • 時間帯
  • 飛び元のページ名
  • 地域(国・都道府県など)
  • 参照ドメイン

また、実装に関しては、JSをうまく活用すれば、
飛び先のURLから自動的にパラメータを取得することも可能だと思います。