読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

SiteAuditでアクセス解析のタグ抜けを検証

運用

siteaudit

ObservePoint | SiteAudit

アクセス解析担当者に便利なちょっと変わったツールを発見したので、紹介。
ObservePointはアクセス解析のタグ入れチェックをしているウェブサービスです。

 

以下の4機能を備えているようです。

タグ設置の自動確認

サイト内を回遊して、サイトマップを自動生成し、
その際にページにタグが埋め込まれているのかをチェックしてくれます。

定期的なチェックとレポート

定期的に上記の自動チェックをしてくれるみたいです。

計測情報はベンダーに送られない

クローラーがチェックした情報は計測サーバーには送られません。
これはPV課金型のソリューションのチェックにとっては非常にありがたいですね。

インストール型ではなく、ウェブサービス

これもいいところ。これぐらいのツールでインストールっていうのも萎える。

フラッシュ・SSLページにも対応

最近はこの辺のページの計測もしています、っていうかそっちの方が大事だったりするので重要な機能ですね。

 

大規模サイトのアクセス解析管理者にヨサゲ

何千ページ・何万ページもあるサイトの場合、
テンプレートも数種類はあるでしょうし、静的ページも数多く作られることになるでしょう。

僕の経験でもよくある数値取得ミスの原因は、
何らかの原因でタグが抜けていることが多いです。

特に大規模サイトを運用されている方はこういったASPを使うことで、
未然に事故を予防したり、工数の削減ができるのではないでしょうか。