読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

SiteCatalystでTwitterを分析する

未分類

Omniture SummitでもFaceBook一色だったそうですが。、
日本でもソーシャルメディアがかなり流行っています。

特にTwitterは実際に利用されている方も多く、
マーケティングでどう使っていくか、また、どう振り返ればいい、というのは課題だと思います。

というわけで、上記の2つの記事から、
TwitterデータをSiteCatalystに取りんでできるアイデアの紹介

 

SiteCatalystにデータを取り込む

Omniture: Industry Insights » Blog Archive » Implementing Twitter Data Tracking in Omniture SiteCatalyst

こちらのページで解説されていますが、
SiteCatalystのデータインサーションAPIに対して、TwitterAPIからデータを取り込んでいます。

 

ブランド名をモニタリング

 

単純ですが、一番ニーズが高そう。
ブランド名がつぶやきに含まれた場合をEventとして計測しています。

 

誰が誰につぶやいているか

eVarというEventに紐づける変数に設定すれば、具体的なやり取りを分析をすることができます。
自社のブランドのコミュニティ・ファンクラブを見つけることができるかもしれません。

 

対競合のTweet シェア

競合のブランド・商品名と自社のブランド・商品名、
どちらが関心が高いか、つぶやかれているか、気になりますね。

自社ブランドの言及と競合の言及をそれぞれ別のEventとして取得した上で、
計算指標機能を使って計測しています。

 

他にもいろいろ

最初に紹介した記事にはハッシュタグを追いかけたり、関連KWを追いかけたりする
事例が紹介されていました。

とはいえ、
SiteCatalystを使わなくても単体での分析はいろいろなツールが出てきたので
あまりSiteCatalystにこだわる必要はないのかもしれません。

Twitter解析ツール15種比較レビュー - リアルアクセス解析

こちらに同僚の小川さんがまとめていただいております。

SiteCatalystに取り込むメリットしては、
サイトへの流入・アクションへの関連付けのほか、
アラート機能やレポート機能などを活用することがあります。

実装に自信があれば、試してみてはいかがでしょうか。