ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

CSS Nite LP, Disk 8 参加振り返り ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善

CSS Nite LP, Disk 8「Google Analyticsを使ったWebアクセスログ解析とサイトへの反映」(2010年1月9日開催)

振り返り第三弾。アユダンテ大内さんのセッション。

  1. Google Analytics ベーシック
  2. 仮説検証型、かつ4つの対顧客戦略でデータを見る
  3. ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善
  4. Web制作会社のための、顧客が逃げないGoogle Analyticsレポーティング
  5. 経営者視点のサイトリニューアル提案

    概要

    本セッションも資料が公開される、とのことですので、
    一旦割愛します。
    (あとで資料へのリンクを貼る)

    以下、思うところ・感想。

     

    SEO担当はアクセス解析にもっと関わるべき

    実際に大内さんが関わってきたいくつかのサイトから、
    事例を紹介されていました。

    例えば、サッカーショップのKAMOで、
    「サッカーショップ加茂」と「メッシ」で訪れた目的がどう異なっているのか。

    福島の旅館、きらくやさんでは、
    検索キーワードごとに対してユーザーが次に訪問したページはどこだったのか。

    いずれにしてもキーワードはその時にユーザーの目的を反映しているもので、
    キーワードからユーザーの目的の仮説をだし、
    その仮説をアクセス解析で検証する、というステップをとっていくことになります。

    SEOはまだ、サイトへの流入を高める、あるいはCVを増やす、
    という文脈でした議論出来ていない部分が強いと思います。

    単に流入施策として、トラフィックの質を改善する、という意味で、
    アクセス解析担当とSEO担当はもっともっと親和性を高めていく必要があると感じています。

     

    セグメントの資料がすごいよい

    Share photos on twitter with Twitpic 

    twitterで上がっていた画像を拝借w

    上記のように検索キーワードの分析でもわかるように
    ユーザーの動きはまったくその目的によって変わります。

    資料も用意していただきましたが、
    Google Analyticsの強さを感じています。
    はやくほかの有料ソリューションでもデフォルトで用意されないかなぁ。