ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

CSS Nite LP, Disk 8 参加振り返り Google Analytics ベーシック

cssnite100110

CSS Nite LP, Disk 8「Google Analyticsを使ったWebアクセスログ解析とサイトへの反映」(2010年1月9日開催)

小川さんが急遽出席できない、とのことで、何もわからず参加してきました。
後で知ったんですが、結構なお値段がするセミナーだったのね。

最近はCSS Niteは行っていなかったんですが、
内容がトレンドのアクセス解析だけあって、300人を超える大規模イベントになっていました。

ゆるーい雰囲気が個人的には好きなので、
あまり堅苦しくならず、今後もいい場をたくさん作っていただければ。

というわけで参加振り返り。

  1. Google Analytics ベーシック
  2. 仮説検証型、かつ4つの対顧客戦略でデータを見る
  3. ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善
  4. Web制作会社のための、顧客が逃げないGoogle Analyticsレポーティング
  5. 経営者視点のサイトリニューアル提案

を個別に紹介します。まずはGAベーシック。

セッション概要

小杉さんは日本でGAのオーガナイズをただ一人でされている方で、
GA公式ブログの管理人でもあります。

「ベーシック」と言いながら、かなり高度な内容も含めてGAの機能を紹介頂きました。
この部分は資料は非公開、とのことでしたが、

Conversion University ヘルプ

こちらの公式のGAIQのための資料が日本語で結構使われていたようです。
※上記のサイトはGoogleの設定を英語にしていないと見えないようです。

  • 基礎知識
  • カスタマイズ
  • 新機能 として、小気味よく説明をいただきました。
    最後はアユダンテ大内さんとの掛け合いもあり、なかなか面白かったですね、
    ただ、全員がGAを活用されている方でもないとは思っているので、
    印象的には「すごい最初から飛ばしているな」という印象も受けてしまいました。

image

まだ公表されていないものを含めた新機能がいくつか紹介されました。
マインドマップソフトでメモをとって通りですが、大きく

アクセス解析プラットフォーム・業務基盤として強化

アノテーション(カレンダーに施策などのメモをつけ、さらに共有する機能)や
インテリジェント(条件によってアラートメールなどを配信する機能)、
カスタム変数(例えばECサイトの商品コード、属性を取得する機能。SiteCatalystに近い)
などの見ていると、

アドバンスドセグメントやカスタムレポートと合わせ、
アクセス解析を業務に組み込むため、
あるいはアクセス解析をベースに業務を進める、といった機能を深めているよう見えます。

対応出来るサイト・サービスのさらなる拡大

もともとGAはタグを置くだけの簡便なソリューションというのも売りでしたが、
非同期トラッキングコードでトレンドの高速化にも対応し、
日本のガラパゴス状態であるモバイルサイトにも正式に対応を予定しています。

という二つの方向で正統な進化を続けているようです。

感想

GAを日本でも今後本格的に普及を進めたい、という意図は最近Googleから強く感じます。
Google Analyticsを企業に導入してもらうことは、
AdwordsAdsenseといった広告媒体の利用を高める事になりますし、
一部の情報はGoogleに提供されるというメリットもあるでしょう。

一方で、GAの機能アップは有料ソリューションを一部では大きく超え始めています。
こうした機能を早く実装していただくのはよいのですが、
ほかの有料ソリューションベンダーの奮起も期待したいところです。