ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

【Ad Tech Tokyo 参加メモ】ブランド担当者の本音

 

メーカーの広告宣伝担当者中心でおこなったパネルディスカッション。
本田・日清食品のブランド担当者と代理店から2名参加し、電通の大岩さんが
モデレーターを務められました。

例によって、パネルディスカッションというよりは
各メンバーからのミニプレゼンになっていたのが、
ちょっと残念でした。

一部、気になったところのみメモ。

 

新しい広告会社@大岩さん

 

新しい広告会社を考える上で、
クライアントと広告会社の関係性に議論をしたい。

たとえば、

  • クライアントではなく、同一チームという考え方。
  • クライアントという言葉には上下関係があるように見えてしまう

広告会社の中立性・透明性という観点でも

  • 利益が高いプランを出してしまうのではないか
  • 支払いの部分で多面性を持っているのではないか

という思いを抱かれてしまっているのが、課題。

 

ウェブになって変わったもの@渡辺さん

 

本田が考えるプロモーションの中での優先順位として、

  • テレビがきづいた点をネットは10年で追い抜いた
  • リアルがネット媒体にシフトしている。

 

    写真

と考えている。本田は自社マーケティングのレベルが高いことでも有名だが、
自社メディアをうまく使うことで、プロモーションのROIを測定している。

また、テレビCMとサイトアクセスの連動性・相乗に着目し、
テレビ放映とリンクして、分単位の分析を実施している。

写真 (1)

その結果、

としていました。

さらに過激な意見としては

広告の効果はわかるよになったので、効果が悪いのはすてればいいです。実践し、数を打てばわかるようになりました。一方で今の広告会社は人が多すぎる

と厳しいことも。これはかなり刺激的でした。