読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

アクセス解析間で数字をつなげる際にはご注意を

あるスタッフから相談を受けたのですが、
Google Analyticsを導入している社外サイトから、
別のアクセス解析を導入しているサイトへの流入を測定した際に、

image

と3割ほど、流入先での測定が大きくなっているパターンがありました。
こういった場合にはどういった原因が考えられるでしょうか

たとえば、

ラッキングコード付きの流入が他のサイト・ブックマークなどからされている場合が考えられます。

アクセス解析ソリューションでは、通常、流入ドメイン特定して、原因を特定することができます。

この場合では外部サイト上のURLがYSTのインデックスに加わっていたことが原因で、YSTから流入が多くされていたのが増加した原因だったようです。

 

また、逆に流入数が減るパターンもあります。

これには、

・トラッキングコードが正確に振られていない
・トラッキングコードの登録がアクセス解析ソリューションにされていない
・リダイレクトされて、トラッキングコードが落ちている
・計測タグがキックされる前に離脱している
・外部サイトでリンクが複数回クリックされている

といった原因が考えられます。

複数のログデータ・アクセス解析データをつなげて考える場合には、
計測の精度・用語の定義によってもずれも発生しますが、
大きなぶれが発生した場合には、
上記の点を考慮してみるのはいかがでしょうか