読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログマニアックス

日々学んだこと、気づいたことをメモ代わりに残していければ。カバー範囲は割と広めです。

SiteCatalystの代理店からアクセス解析の最強のアンチョコ本

アクセス解析に関連した本を今回は紹介します。

ウェブ解析力 ROI(投資対効果)を最大化するアクセス解析の実践的ノウハウ90

アクセス解析関連の書籍は増えていますが、この本はサブタイトルに

『実践的ノウハウ』と銘打っているだけあって、かなり具体的な示唆に富んでいます。

現場の担当者に役立ちそうなので、紹介してみます。

この本は全部で7章で構成されていますが、それぞれが数ページ単位で分析テーマを扱っています。

たとえば、

030 トップページ以外のエントリーページを知る

031 コンテンツの利用度を見てコンテンツ構成を改善する

045 リピーター比率を適正に保ちながら売上を伸ばす

046 売上UPにつながるキーワードを洗い出して、専用のランディングページを用意する

047 メルマガをテストして、より読んでもらえるメルマガにする

048 サイト来訪から購入までの流れのボトルネックを見つける

上記のように、

ウェブサイト運用をされている方であれば、一度は試みるであろう施策を紹介しています

決して、高度な分析は紹介されていないのですが、

アクセス解析の標準的なパッケージであれば、実現でき、

かつ効果がでそうな事例ばかりで、

現場でアクセス解析を使って何かしたい、あるいは何か成果を出してほしいといわれている方には 相性が非常にいい本になっています。

ただ、一方で、それぞれのテーマの解説が数ページしかないため、

使っているアクセス解析ソリューションをちゃんと理解していないと、

Howの部分がわからず、止まってしまうこともあるのが、残念なところ。

分析によっては、一冊パンフレット程度はかけてしまう分析も含まれるので、

具体的な手法に関してはベンダーなどと相談をしないといけないかもしれません

また、1章ではアクセス解析の簡単な技術的解説、7章ではレポートのまとめ方の示唆も行っています。

知っている方には当たり前の知識ですが、

実際の現場では深い理解をする以前に活用することが求められてしまうこともあると思われるため、

こういった解説にページを割いているのは好感が持てます。

最後に著者のIMJは実はOmnitureの代理店であるため、

この本の中のスクリーンショットはほとんどSiteCatalystです(一部はGoogle Analytics

実装上の制約のため、すべては実現できませんが、

特にアクセス解析初心者、これから活用したい方の教科書として、

また、中、上級者にとっては、分析メニューのアンチョコとして、役に立つ本ではないでしょうか。

ウェブ解析力 ROI(投資対効果)を最大化するアクセス解析の実践的ノウハウ90

村上 知紀 手崎 佳充

翔泳社

売り上げランキング: 492

おすすめ度の平均: 5.0

5 初心者にもやさしい!

5 アクセス解析ツールが活用できる本